Nature Around Takarazuka

兵庫県宝塚市周辺の自然や、川柳などの雑記帳

川柳

大雨(川柳、その60)

武庫川 2020年7月8日 兵庫県宝塚市 よく降りますね。 特に昨日の未明の雨には驚かされました。近辺に被害がなかったのが幸いです。ただ日本全土を見るに、「幸い」では済まされない日々が続きます。被害に遭われた方にお見舞いと、救助・復興に当たられる方…

ネムノキ(川柳、その59)

ネムノキ 2020年6月29日 兵庫県宝塚市 更新がずいぶんと空いてしまいました。申し訳ない。 今日は久々に森の中に入ってきました。ここで紹介できるような自然ネタはないですが、個人的には大満足して帰ってきましたよ。一応、見かけた花を列挙しておくと、ネ…

誇り(川柳、その58)

諦めの悪さを誇る齢となり 諦めの悪い人って、案外発想が柔軟だったりもする。 そこが私には足りない。

一定数(川柳、その57)

分からぬは一定数という言葉

神の手(川柳、その56)

神の手が痒いところに届かない

家電(川柳、その55)

家電さん今壊れるのは自粛やで 30年ほど頑張ってきた仲間が、動かない・・・

やまびこ(川柳、その54)

やまびこもマスク越しでは響かない

罪悪感(川柳、その53)

再び箇条書きにて現状報告 ・前回、人との接触の8割減は、全く出来てないと書いた。しかし、緊急事態宣言前後では確かに出来てないが、1~2月との比較ならば8割くらい減ってると気が付きました。9割近くかも。 ・今、スーパーなどで買い物をすると、お…

黙ってる(川柳、その52)

黙ってるどうせ皆が喋るから

五十歩(川柳、その51)

取り敢えず五十歩逃げる癖があり

たくさんの人が(川柳、その50)

気まぐれで、箇条書きにて現状報告。 ・わが兵庫県も、緊急事態宣言の対象です。 ・人との接触を8割減らせ、とのこと。全く出来てない。そもそも人付き合いは苦手だから一人での行動が多かったし、電車通勤もしてないから、減らしようがない。夜の街にも、…

ヤマザクラ(川柳、その49)

ヤマザクラ 2020年4月4日 兵庫県西宮市 そんなこと忘れなさいよと花は咲く

春風に(川柳、その48)

某河原の土手を歩いていると、ハルガヤが花を咲かせていた。イネ科アレルギーの元凶の一つである。そこで思ったのだが、この春の草刈りって例年通り行われるのだろうか。この後、5月にかけて一番の難敵のカモガヤが生えそろってくる。普段なら連休明けくら…

スミレ(川柳、その47)

スミレ 2020年3月28日 兵庫県宝塚市 参ったなあ、、、と思っているのである。 山のボランティアが、来月以降は中止になってしまった。山仕事なんて、感染リスクはほとんどないと思うんだが、昨今の流れの中では致し方ないのだろう。現在の私の最大の楽しみが…

薄化粧(川柳、その46)

岩倉山 2020年3月16日 兵庫県宝塚市 私が頻繁に歩いている東六甲の岩倉山が、今朝は薄化粧してました。確か、この冬では二回目だと思う。 寒いです。昨日、散髪したために、寒さが余計に身に沁みます。このご時世、普通の風邪をひいても大きな影響が出そうな…

騒いでも(川柳、その45)

日々、世界情勢が変わりますね。私は騒がな過ぎているのかな、と反省もしつつあります。しかし、今更騒ぐのは格好悪い。最初から騒いでいる人が騒ぎ続けるのは筋が通っているけれど。そんな訳で、まだしばらくは騒がずに日常を過ごすつもり。結構影響は受け…

「こんな時こそこんな時こそ」(川柳、その44)

一人遊びです。 前句「こんな時こそ こんな時こそ」に付ける575を、今日は考えていこうと思っております。 目を開けて真の強さを考える こんな時こそこんな時こそ 二句目(午後6時45分に追記) 下り坂慣れる怖さが身に染みる こんな時こそこんな時こそ

疲れない奴に真心通じない(川柳、その43)

長い一週間でした。コロナの影響で、私個人は今のところ打撃は受けてませんが、周囲も含めてかなり大きな変化を強いられております。実は体は楽なのですけど、精神的に疲れますね。 そんな中でも、春は進んでいます。早咲きの桜は満開を過ぎているのがあるし…

天才と呼ばれたくない(川柳、その42)

天才と呼ばれたくないけきょけきょけ 梅の木の標識だけが朽ちており 鋸仕舞う背中を春が這っている

山仕事過去と未来を繋げたし(川柳、その41)

昨日は、予定通り山仕事のボランティアへ。 コロナの影響があるのかと思いきや、普段以上の参加者が集まりました(会員は常に自由参加)。気候が良かったのもあるでしょうが、この騒動にうんざりしている人が多かったのかも。ボランティアは、ほとんどが年配…

トイレすら前に出なよと僕に言う(川柳、その40)

新しいことを始めなきゃなと思いつつ、ぐずぐずしている日々であります。こうやってブログに仄めかすように書くことで、自分を追い詰めようとしてるんですが、さて・・・。 今日の川柳、女性には分かりにくいでしょうか? 男性用の小便器には、こう書いてあ…

骨休め(川柳、その39)

今日は、一日中雨でした。私にとっては、久々の骨休めといったところ。スーパーに買い物に行ったくらいで、後はだらだらとマンガばかり読んで過ごしました。馬券もほぼ買わず。 ところで、「骨休め」って、凄い表現ですね。最初にこの言葉を作った人は、天才…

白梅(川柳、その38)

白梅 2020年2月6日 兵庫県尼崎市 こちらは、ちょうどウメが見ごろとなっております。年々、この花が好きになっていく自分がとっても不思議。 梅の香の前と後ろにある別れ 言い訳を恥じつつ眺む白い梅

つらら(川柳、その37)

つらら 2020年2月7日 兵庫県宝塚市 この冬はじめて、つららを見ました。つららを見たり、霜柱を踏んだりすると、不思議なもので童心に帰ります。滅多に見られない温暖な関西在住だからでしょうけど。 透明はつららの味を覚えた日

未来より過去に希望があるお歳(川柳、その36)

朝焼け 2020年1月22日 兵庫県西宮市 週間予報に雨マークが並ぶという憂鬱な週でしたけど、水曜夜から木曜朝に雨が降っただけで、この週末も雨は降らなさそうです。明日の山仕事ボランティアも行けそうですし、かなりホッとしてます。体を動かさないと、どう…

背伸びして車窓を覗く震災忌(川柳、その35)

今更ですが、私、インフルエンザのウイルスが体内に蔓延している最中に、五十歳になりました。阪神淡路大震災は二十五歳でしたから、ちょうど人生の真ん中での体験だったことになります。今後はもう震災後の人生の方が長いのだと思うと、家族も含めて直接の…

パソコンをようやく開く六度五分(川柳、その34)

競馬でいう「大出遅れ」をかましてしまった2020年。 改めまして、明けましておめでとうございます。 今日、やっとPCを開けました。スマホはずっといじっていたけど、音楽聴いたり、休日応急診療所やそこに行くバスの時間を検索した程度でして、それ以上のこ…

洗濯機にイブはパンツをプレゼント(川柳、その33)

現在、靴下と一緒に洗濯中。 洗濯機にイブはパンツをプレゼント

虹が好き過去の自分と見れるから(川柳、その32)

写真+川柳で、一記事に出来たらよかったんですけど、タイムラグが生じてしまいました。 17歳くらいの時、神戸市内の塾の窓から見た虹と、19歳くらいの時、琵琶湖西岸で見た虹が忘れられません。人生の中で、何度も何度も虹を見てきているけど、他のはす…

火星人たぶんあくびはしないはず(川柳、その31)

この土日、かなり運動量が多く、体が疲れたので、二日ともかなり長く眠りました。睡眠時間たっぷりのはずなのに、眠り癖がついてしまって、今ももう眠い。思考力ゼロです。 火星人たぶんあくびはしないはず