Nature Around Takarazuka

兵庫県宝塚市周辺の自然や、川柳などの雑記帳

松尾神社のイチイガシ

 私は縄文時代の植物利用に興味があるので、西日本から南日本の当時の主食だったらしいイチイガシにも興味があります。でもこれまで、奈良の神社にある木しか見たことはありませんでした。

 ところが先日、ボランティア活動中に、会の大先輩方と話をした際、宝塚市内にも数本のイチイガシがあるとの嬉しい情報を頂きました。そこで早速、見に行ってきましたよ。

 

f:id:NatureAroundTakarazuka:20191104211116j:plain

イチイガシ1 2019年11月4日 兵庫県宝塚市

f:id:NatureAroundTakarazuka:20191104211248j:plain

イチイガシ2 同上

 

 教えてもらった松尾神社の入り口に、とても立派なイチイガシがありました。目測で20m級。存在感があって、すばらしい木でした。

 で、ちょうどどんぐりの季節です。貴重な食品だったというイチイガシのどんぐりを見たかったのですが・・・、足元に落ちているのはアラカシのものばかりで、イチイガシどんぐりは見つからず。双眼鏡で木を見上げても、実がついている雰囲気はありません。

 

f:id:NatureAroundTakarazuka:20191104211538j:plain

イチイガシの説明 同上

 

 ここの場所を教えてくれた会の先輩も仰られていたのですが、この記述は間違ってますよね。イチイガシは雌雄同株ですから、オスメスはありません。しかし、今の時期に全く実が成ってないということは、どういうことなのでしょうね? この看板を書いた方も、実が成らないから「雄」としたのかも知れないですし。

 これは来年以降の宿題ですな。まず春に、花を観察すること。手の届くところは無理みたいだけど、せめて低い位置で咲いてくれたらいいな~。そして、もしかしたら、初秋の9月頃に実が成って、早めに落ちちゃうのかもしれないし、時期を変えてイチイガシどんぐりを探してみる必要もあります。市内とは言っても、自宅からはちょっと遠いのですが、好きな木ですから苦にはなりません。2020年、頑張りますぞ。

 

naturearoundtakarazuka.hateblo.jp